不動産なんて全部売りたいのに!

なかなか売る事が出来ません

江戸川区で絶賛婚活中!

Posted on | November 14, 2014 | Comments Off

そう思い、聞き手としてのスキルをネットで漁り、練習したのである。
この一連の準備を同僚に話したら、涙ぐましい努力と笑われたが、笑い物になるのを恐れていては結婚などできはしないというある種の開き直りをすることができた私は、自分ができる最大限の準備をして婚活パーティーに参加した。
事前に婚活パーティーの流れを予習していたため、慌てふためき無様な姿を露呈するという最悪の事態は避けることができたが、いざ会話をしてみると思ったより弾まず、聞き役というのは難しいものだと痛感した。
会話が途切れたときに、相手のことばかりを質問すると、詮索好きのようなイメージをもたれるのではないかと躊躇して、沈黙の時間が流れたこともあった。

江戸川区で婚活している時にいつも見ていたサイトは江戸川区で婚活しよう!パーティー・お見合い・街コンはどう?でした。
こんなことなら、当たり障りのない小話などを仕入れておけばよかったのかもしれないと、後悔したが、後の祭りである。
そんな中、会話が弾んだ女性もいた。
彼女は私より5歳ほど年下で、私の好みのタイプだった。
彼女を見ると、出るところは出て、出てはいけない部分もそこまで出てはいない。
こんな事を私が考えていたと知られたら会話もしてくれなかっただろう。
よく喋るタイプで、私は相槌を工夫するだけで、話は途切れなかった。

外壁塗装を大阪でしました

Posted on | July 16, 2014 | Comments Off

初めての外壁塗装リフォームできちんと仕上がるのかどうか少し心配でしたが、凄く丁寧に仕事をしてくださり、
なおかつ、塗装リフォームで出たゴミの処分もきちんとしてくださったり、再度色の確認をしてくださったりと本当に
自分の家ではないような綺麗な仕上がりにしてくださいました。
やっぱり外壁塗装をリフォームするだけでかなり家の印象もがらりと変わりましたし、綺麗になるので見違えるようになりましたよ。
でも1つ私が思った事があるのですが、色見本はやはり印刷物なので、本物の色とは多少異なります。
少し色が変わるだけで家の印象も全然変わって見えてしまうので、印刷物だけでなく、
きちんとペンキの色見本を1度見せてもらった方が確実ですよ。
塗ってしまったらもう色は変えれないのでここは慎重にしておいた方がいいと思います。
外壁塗装のリフォームも安い買い物ではありません。

大阪の外壁塗装業者を探すなら、外壁塗装を大阪で!費用・激安・価格・相場・評判・口コミまとめがおすすめのサイトです。
きちんと事前の打ち合わせをしてお互いが気持ちのいい契約ができるといいですね。
そしてご近所さんにもきちんと挨拶をしておかなければご近所さんとのトラブルが発生してしまう場合だって
あり得てしまうんです。
何かトラブルがあればお互いに嫌な思いをするだけですもんね。

自宅の前の道路で子どもが遊ぶなど周辺環境に不満があったので

Posted on | July 15, 2014 | Comments Off

私が自宅である戸建のマイホームの売却を決めた理由は、周辺環境に不満を感じたからです。新築で購入した家ですので周辺環境は駅までの距離や生活に必要な施設、学区や災害ハザードマップ等調べられることは購入前に調べていたのですが、いざ住んでみると常識の範囲を超えた道路遊びをする子どもがいたり、ご近所さんが過干渉であったりと不満がありました。
生涯暮らすマイホームとして購入したつもりでしたが、不満を抱えて生活をしたくないと感じて築2年の築浅物件として売却をしました。売却を依頼したのは大手の不動産仲介業者です。一括見積サービスを利用して多くの業者と話をしてみましたが、担当者との相性の良さや周辺の物件を売却したことのある実績を考えて業者は選択しました。
しかし専属専任の期間は3ヶ月だけでその期間に売却できなければ一般に切り替える旨を最初に話しておきました。築浅の戸建物件は需要が高いので、内覧希望者は多く居ました。実際に物件を見てもらうと新築同様なので気に入ってもらえるのですが、売却理由は良く聞かれました。そのままの理由をいう訳にはいかないので、気に入った物件があったので住み替えのためにと話しておきました。
その結果2ヶ月ほどで売却をすることができました。仲介手数料を含めると新築時よりも2割程度安い金額になりましたが、売却がスムーズにできた結果にはとても満足しています。

子供の独立で夫婦2人の終の棲家に住み替えしたかった

Posted on | July 3, 2014 | Comments Off

息子が大学進学で地元離れたのがきっかけです。子供は1人しかもうけませんでしたし、息子は進学後、そのまま首都圏での就職を目指すという希望でしたので、その当時住んでいる家は息子が戻らないのであれば大き過ぎましたし、車がないと移動しにくい土地柄も高齢になってから辛くなるであろうということは夫婦共通の認識でした。
また、息子が家を出てから程なくして、修繕しなければいけない箇所も見つかり、住宅会社に修繕の見積もりを依頼したのがきっかけで、買い替えも検討していることを住宅会社になにげに話したところ、住宅会社の不動産部門を紹介され、家の評価価格を出してもらったところ、思っていたよりも高額な提示をしていただきました。
随分悩みましたが、住宅会社には提示した金額できちんと売っていただけることを条件に駅の近くに手ごろな小さい土地を見つけ、小さいバリアフリーの住宅を建てることにいたしました。
販売価格は私どもが納得した下限の価格があり、もし希望金額で売れなかった場合には、その下限金額で住宅会社の不動産部門で買い取りしていただけるシステムがあり、これは正直安心でした。この条件がなければ、迷っていたかもしれません。
有難いことに希望金額に近い金額で前の家を売ることが出来て、今の家の頭金をかなり増やすことが出来ました。
私たち夫婦は48歳になったばかりですので、次のことを考えるにはまだ猶予はありましたが、住宅ローンに3大疾病特約を付加できること、家族の人数に変化はないであろうということで決断して、今はよかったと思っています。

About

This is an area on your website where you can add text. This will serve as an informative location on your website, where you can talk about your site.

Subscribe to our feed

Search

Admin